スポンサーリンク

山形市HPのサリン散布の犯行予告、犯人は誰?衝撃の事実に戦慄

スポンサーリンク

山形市HPのサリン散布の犯行予告、犯人は誰で衝撃の事実に戦慄について今回は解説します。

山形市HPにサリン散布の犯行予告!?

2022年1月12日、山形市のホームページに市役所等にサリンを散布すると犯行予告がありまいた。

この犯行予告により、山形市は警戒を強めています。

サリン散布の犯行予告、詳細内容は?

このサリン散布の犯行予告について、

『14日午後3時34分に山形市役所と近隣駅の2か所でサリンを散布する。

やめてほしかったら指示を聞け』

と書き込まれていたとのことでした。

しかし具体的な指示の書き込みはまだされていません。

スポンサーリンク

サリン散布の犯行予告、犯人はなんとあの人物か!?

この事件の犯行予告をした犯人について、残念ながらまだ捕まってはいません。

毒ガスのサリンは製造が困難で保管方法も難しいことから、書き込みは虚偽の可能性が高いです。

最近は駅や電車で刃物を持って暴れる職を失った社会不適合者の事件が増えていることから、犯行声明を書いた犯人も無職の30代の男性ではないかと推測されます。

犯人がサリンを選んだ目的は?衝撃の動機とは!?

犯人がサリンを選んだ理由について、地下鉄サリン事件を思い浮かべる人が多いのでサリンを選んだのではないかと私は思います。

地下鉄サリン事件の存在を知る人は30代以上の人が多く、衝撃的な事件であったことから虚偽の犯行予告をする際に安易にサリンを選んだのではないかと考えられます。

13日、14日に何も起こらなければ、HPの書き込みからだけでは犯人を追跡することが難しいのでこの事件の真相は闇に葬られる可能性は高いです。

タイトルとURLをコピーしました