スポンサーリンク

東京五輪で遠足を実施か?小中高校でコロナクラスターの危機

スポンサーリンク

東京五輪で遠足を実施で、小中高校でコロナクラスターの危機について今回は解説します。

東京五輪は無観客試合じゃない!?学生も観戦!?

2021年5月21日、IOCのコーツ調整委員長が東京五輪開催実施について会見で発表しました。

東京五輪は外国人の一般客は観戦できないことになっていますが、無観客試合にはならない予定となっています。

予定では学生が観戦予定となっており、東京都内の公立小中高校等の約81万人が観戦する計画となっています。

東京五輪の学校の観戦行事、なんと移動手段は・・・

学校での東京五輪の観戦行事である遠足について、その移動手段は電車等の公共交通機関を予定していると発表がありました。

電車での移動について通勤自体の混雑する時間帯は当然避けて利用するとは考えられますが、電車は密になりやすいのでコロナウイルス感染の不安はあります。

スポンサーリンク

東京五輪観戦後の学校でのコロナクラスターの発生は高確率!?

東京ではコロナウイルスはいまだに流行しつつあり、この東京五輪観戦の学校行事について欠席する予定の学生もいるようです。

しかし学校では修学旅行等の大きな行事が中止されていることもあり、やはりほとんどの学生は東京五輪を観戦することになります。

その為東京五輪観戦後に学校でコロナクラスターが起こる確率は極めて高いです。

東京五輪観開催でコロナ感染爆発は止められない!?

東京五輪開催で外国人の一般客観戦できないことになっていますが、海外から報道陣は入国できることとなっています。

現在の予定では中国から3000人の報道陣が入国することが決定しています。

このことから海外の多種多様な変異コロナウイルスが日本に入ってくることは避けられないと考えます。

そして外国人の移動手段は電車になる可能性が高く、変異コロナウイルスにはマスクをしても感染率の高いウイルスがある為、学生が電車で移動する際に密になって変異コロナウイルスに感染し、学校でコロナクラスターが多発する流れになると思います。

日本の政府やオリンピックの機関は東京五輪中止時の責任逃れの為に東京五輪開催に躍起になってコロナ対策を後回しにしているように感じる為、東京五輪実施後は日本はコロナで大変なことになると私は感じました。

タイトルとURLをコピーしました