スポンサーリンク

東大の共通テストで逮捕された犯人の名前は?受験生が刺され戦慄

スポンサーリンク

東大の共通テストで逮捕された犯人の名前と、受験生が刺され戦慄について今回は解説します。

東京大学の共通テストで受験生が刺される衝撃の事件が発生!?

2022年1月5日、大学入学共通テストが行われている東京大学の試験会場で受験生2人と70代の男性が刺される事件が発生しました。

この事件により犯人の少年が逮捕されました。

受験生を襲った犯人の唖然とする動機とは!?

事件を起こした17歳の少年はその場で現行犯逮捕され、現在取り調べを受けているとのことです。

刺された高校生2人は意識があり、70代男性は緊急手術を受けています。

少年の犯行動機としては共通テストが絶望的で当日を迎えてしまった為、やけを起こして周りを巻き込む事件を起こしたと推測されます。

または普段から恨みを持っていた同級生に復讐する為、大学入試のための共通テストという人生の重要な場面で浪人という挫折を味わわせるために事件を起こしたともSNSでは噂されています。

スポンサーリンク

東大で共通テストで通り魔と化した犯人の驚きの名前とは!?

今回の事件で逮捕された17歳の少年の名前は明らかになっていません。

しかし事件の起きた場所が東大だということと、目撃者が多数いること、更には人生の重要な節目で起こした事件ということから、少年の名前や生い立ち、更には動機がSNS上でリークされることが非常に高いです。

東大の共通テスト会場の通り魔事件が世間に及ぼす影響とは!?

今回の共通テスト会場の事件で、通り魔と化す社会不適合者が世の中に増え、日本のモラルが崩壊しつつあるように私は感じました。

特に、周囲から疎外されたり嫌なことがあって理性を保つことができずに人が多いところで凶器を振り回す行動に走る事件が最近は増えているように感じます。

このような背景として、ネット社会となって疎外感を感じやすくなったり偏った知識が増え過ぎるといった現代社会の闇、そして日本経済の低迷とコロナ不況による格差社会の拡大があるのかもしれないと思われます。

タイトルとURLをコピーしました