スポンサーリンク

竹森幸三の生い立ちは?広島福山市の主婦殺害事件が20年越しに解決

スポンサーリンク

竹森幸三の生い立ちと、広島福山市の主婦殺害事件が20年越しに解決について今回は解説します。

20年前の広島の主婦殺害事件の犯人が逮捕!?

20年前に広島福山市の主婦が殺害された未解決事件の犯人が逮捕されたことが2021年10月25日に報道されました。

犯人として竹森幸三容疑者が逮捕され、竹森幸三容疑者は『記憶にない』と容疑を否認しているそうです、

20年前の広島の主婦殺害事件の全容とは!?

今回警察が解決した未解決事件は、2013年2月6日に広島県福山市の住宅で35歳の主婦が何者かに殺害された事件になります。

住宅には警報装置があり、警報装置が作動したことで警察が駆けつけて玄関そばの階段で倒れている被害者の主婦を見つけたという事です。

被害者の主婦はガムテープで口をふさがれて腹部にナイフが刺さっており、争った形跡も残っていたとのことです。

犯人の足跡が残っていて靴のメーカーが特定されていたことと主婦の夫がパチンコ店経営を当時していたことからその観点から当時は犯人を捜索していましたが、犯人は現在まで捕まることはありませんでした。

しかし警察はDNA鑑定により地道に調査を続けたことで20年越しに竹森幸三容疑者が逮捕されることとなりました。

スポンサーリンク

竹森幸三の衝撃な生い立ちとは!?

広島の主婦殺害事件の犯人として逮捕された竹森幸三容疑者は、広島県福山市西新涯町1丁目在住の67歳の無職の男性になります。

竹森幸三容疑者は20年前に造園業をしていることが判明していますが、被害者の家族との面識はなくそれ以上の詳細は判明していません。

造園業をしていた竹森幸三容疑者は被害者の主婦の自宅を何度か見かけ、金銭面に困ったときにその自宅なら強盗に入りやすいと思って侵入したのではないかと推測されます。

しかし捕まえた被害者の主婦が騒いだ為に誤って殺害してしまい、怖くなって金銭面のものは漁らずにそのまま逃亡したことがこの未解決事件の真実ではないかと考えます。

未解決事件は今後も続々逮捕者が出る!?

今回の20年前の広島の主婦殺害事件の犯人逮捕について、時効がなくなったこととDNA鑑定の技術向上の貢献が大きいと私は考えます。

警察の未解決事件の解決の執念もすごいものだと思いましたが、今後はAI技術が向上してDNA鑑定も効率化され、犯人捜索が自動でされる世の中にもなるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました