スポンサーリンク

高遠龍生の生い立ちは?バンクシー模倣犯の渋谷の落書き犯が逮捕

スポンサーリンク

高遠龍生の生い立ちと、バンクシー模倣犯の渋谷の落書き犯が逮捕について今回は解説します。

渋谷のポストに落書きをした犯人が逮捕!

2021年8月13日、東京の渋谷で郵便ポストに落書きをした犯人の高遠龍生容疑者が逮捕されました。

落書きは油性ペンでされていて犯人は2年前に友人に勧められて落書きを開始したと供述しており、自動販売機や道路標識などの約120ヶ所に落書きがされたことも判明しています。

落書き犯は日本のバンクシーになりたかった?しかし・・・

落書き犯で有名な人物として、海外ではバンクシーと呼ばれる人物が存在しています。

バンクシーはイギリスで活動している芸術家であり、塀などに落書きをしていますがその正体は明らかになっておらず複数人の集団とも考えられています。

塀への落書きは犯罪になりますが、バンクシーの描いた作品の芸術性が高いこともあり訴えられずに見逃されているといった背景があります。

今回逮捕された高遠龍生容疑者は

「自分のモチーフを広めたかった」

と言っていますが、ポストの落書きを見ると絵のセンスは小学生レベルの為見逃されることはありませんでした。

スポンサーリンク

高遠龍生の意外な生い立ちとは?

高遠龍生容疑者は26歳のアルバイトになります。

それ以上の詳細な情報は現在までで判明していませんが

「ポストは公共のものなので描いてもいいと思った」

と供述していることからまともな一般常識がないと推測され、中卒か高卒でそのままアルバイトを転々として生活していたのではないかと考えれます。

またポストの落書きの絵の下手さから絵のセンスを磨く為に芸術関連の学校や教室に通った努力をしてこなかったとも考察できるので、高等教育を受けられないレベルの家庭で生活をしてきた背景もあるのではないかと考えられます。

高遠龍生の友人も今後逮捕か!?

高遠龍生容疑者は2年前に友人に勧められて落書きを開始しているので、友人も落書きを続けているのではないかと私は考えます。

今回高遠龍生容疑者が逮捕されることで、高遠龍生容疑者の友人も近いうちに逮捕されるのではないかと思います。

東京五輪開催時はバンクシーが描いたような落書きがあったことで一部話題になった出来こともあり、公共施設への落書きは犯罪ですが高遠龍生容疑者の絵のレベルがバンクシーのように高かった場合もっと違った結果になっていたのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました