スポンサーリンク

菅総理は認知症?ボケて国会の質疑応答に驚きの行動で周囲が唖然!

スポンサーリンク

菅総理は認知症で、ボケて国会の質疑応答に驚きの行動で周囲が唖然について今回は解説します。

菅総理が国会でいつもとは違う異常な行動を取る!

2021年5月10日に行われた国会の参議院予算委員会の質疑応答で、菅総理がかなり異常な行動を取りました。

それは蓮舫議員の質問に対して、質問の回答とは関係しない原稿を丸読みして回答し、そのことに本人が気づいていないといったことです。

この菅総理の異常な行動に、国会の議員たちが一時唖然としました。

菅総理が異常だった質疑応答の内容はどんな内容?

問題のあった質疑応答の内容は下記の内容であり、質疑応答はYoutubeのTBS NEWSの公式チャンネルの

【LIVE】参議院予算委員会 蓮舫参院議員(立憲民主党)質疑(5月10日)

で動画でも視聴可能です。

蓮舫議員「総理、この状況でオリパラ指定病院にオリンピック選手と搬送困難者が来たらどちらを優先するんですか?」

菅総理「まずワクチンはファイザー社が選手に提供するから問題なし。それと具体的な方法として海外の選手は行動規範を原則にしてその上で一般人との接触の可能性を・・・」

蓮舫議員「な、なんの話をしてるの」

菅「それぞれの場所での動線分離を徹底。そして移動方法を原則・・・」

蓮舫議員「止めてください。止めてください」

周囲「原稿が違うぞ」

周囲「止めて止めて」

周囲「間違ってる」

蓮舫議員「原稿が違います」

菅総理「げ、厳格な行動管理を実施しましたので、そうした可能性はきわめてうすうす薄いと思います」

スポンサーリンク

菅総理は国会で以前からも原稿丸読みだった?

菅総理は以前から国会では原稿を丸読みする行動を取っており、また質疑応答で繰り返し同じ返答をすることから他の議員からは壊れたレコード原稿読み上げマシーンと批判されることは以前からありました。

しかし今回のように間違った原稿を読んだまま気づかないことはありませんでした。

菅総理は認知症が進行している?

菅総理は現在72歳であり、高齢者になります。

高齢になると当然認知症にかかりやすくなり、総理の仕事は大変疲労とストレスがたまる仕事である為、菅総理の認知症とボケが加速して進行しているのではないかと私は思います。

菅総理の任期満了は今年2021年10月21日ということもあり、菅総理の認知症の進行が深刻になりつつあることから次回の総理は間違いなく別の人に代わると私は思います。

タイトルとURLをコピーしました