スポンサーリンク

白井康嗣の生い立ちは?水を被り感電しようとして交番が停電に

スポンサーリンク

白井康嗣の生い立ちと、水を被り感電しようとして交番が停電について今回は解説します。

交番が停電する珍事件が発生!?

大阪府八尾市の交番で男が水を被って電気コードを差し込み感電による自決を試みたところ、交番が停電するといった事件が発生しました。

この事件で白井康嗣容疑者が逮捕されました。

白井康嗣の交番で自決をしようとした衝撃的な動機とは!?

逮捕された白井康嗣は

『タヒにたい』

と供述しているとのことです。

このことから自決を試みたことが分かりますが、何故交番を選んだかということと感電を選択したのかはまだ明らかになっていません。

交番を選んだことについては、自決する勇気もなく誰かに自決を引き留めてもらいたかったことと本当に自決する気はなく、亡くなる可能性が低い自決方法と見て感電を選択したと推測されます。

スポンサーリンク

白井康嗣の悲しみに満ちた生い立ちとは!?

白井康嗣容疑者は、大阪府東大阪市の会社員の32歳の男性になります。

このことからブラック企業で過酷な労働をしていたために正常な判断ができなくなり、自決して楽になりたかった可能性があります。

または、職場での人間関係が上手くいかずにストレスを抱え、身内も周りにいなく独身で失うものが何もない状態であったことから自決を選択したのかもしれません。

最近ではこのようなタイプの人は電車内で包丁を持って暴れるケースが増えてきていますが、交番の停電だけで済んだことは不幸中の幸いです。

迷惑な自決は周りを巻き込んで暴走する事件と同等に今後増加か!?

今回の迷惑な自決未遂について、今後このような事件は益々増加するのではないかと私は考えます。

特に一人でこっそり自決するのではなく周囲の目を集め、かつ周囲の人達に迷惑をかける自決をする人も増えていくと推測します。

最近は何も失うものがない社会不適合者の暴走して死傷者が出る事件も増えていますが、同じようなタイプの人で臆病な人が選ぶものが迷惑をかける自決だと考えられます。

このような事件が起きる背景として不景気なことが原因であり、経済政策をいいかげんにして増税ばかりしていきた日本政府に大きな要因があり、政治の見直しが必要だと思われます。

タイトルとURLをコピーしました