スポンサーリンク

大槻渉の生い立ちは?宮城のこども園に刃物男が侵入、衝撃の結末に

スポンサーリンク

大槻渉の生い立ちと、宮城のこども園に刃物男が侵入し、衝撃の結末になったことについて今回は解説します。

宮城のこども園に刃物を持った男が侵入!?

宮城県登米市のこども園に刃物を持った男が侵入した事件が2021年11月9日に発生しました。

この事件の犯人として、大槻渉容疑者が逮捕されました。

刃物男の気になる犯行動機とその結末とは!?

大槻渉容疑者はこども園に刃物を持って侵入した動機として、

『子どもを〇す目的で侵入した』

と供述しており、容疑を認めています。

大槻渉容疑者がこども園に侵入した際は園児が100人ほどいましたが、職員が大槻渉容疑者を早期に発見したため園児は避難し、職員数人で大槻渉容疑者を抑えつけて怪我人は出ずに済みました。

なぜ大槻渉容疑者が子供をターゲットにしたのかはまだ判明していませんが、社会への不満から弱者を傷めつけたいという思いにかられたのかもしれません。

スポンサーリンク

大槻渉の知られざる悲惨な生い立ちとは!?

大槻渉容疑者は登米市豊里町に住む31歳の無職の男性になります。

残念ながらこれ以上の詳しい経歴は判明していなく、今後SNS等で詳細が判明するかもしれないです。

しかし大槻渉容疑者は30代無職ということから、高校中退または大学卒業後の就職活動に失敗しそのまま引きこもりか、以前に働いていた会社で上手くいかずにそのまま引きこもり化といった、よくある社会不適合者となって犯罪に走ったパターンではないかと推測されます。

20~30代無職の犯罪が創価傾向、社会不適合者の反乱が始まる!?

今回の宮城のこども園の事件から、近年は20~30代の無職の犯罪が増えているように感じました。

働いたことがない引きこもりや、職場で上手くいかずに引きこもりになった無職が一念発起して犯罪に走るケースが多くなっている為、現代社会は20~30代にとっては働きにくい社会なのかもしれません。

社会に不満を持った人たちの犯罪を減らすためにも、古い社会の働き方を改革する必要がある必要があると私は思いました。

タイトルとURLをコピーしました