スポンサーリンク

那須サファリパークトラの事故、原因の担当飼育員の名前は?

スポンサーリンク

那須サファリパークトラの事故の原因の担当飼育員の名前について、今回は解説します。

那須サファリパークで虎に飼育員が襲われる!?

栃木県の那須サファリパークで、女性飼育員が虎に襲われる事故が2021年1月5日に発生しました。

この事故で女性飼育員は右手首を失う重傷を多い、他の飼育員2名も襲われて複数個所をかまれる怪我を負いました。

那須サファリパークの虎の事故、驚きの原因とは!?

この虎に襲われる事故は、虎の飼育スペースと展示スペースに向かう通路で起こりました。

本来飼育スペースと通路には柵が下りていますが、事件前日の1月4日は柵が下りている確認作業がされていなかったとのことです。

その結果として5日の開園時に柵が下りていない為に通路まで虎が出てしまい、事件が起きたとされています。

事件を起こした虎はベンガルトラの雄のボルタ10歳で、2メートルの大きさと150kgの体重があり、その後の対応についてはまだ決まっていませんが処分される可能性が高いと思われます。

スポンサーリンク

虎の事故の原因となった前日の担当者の名前とは!?

虎の事故の原因ととなった前日の担当者についての詳細は、残念ながらまだ判明していません。

前日担当者が手首を失った被害者の女性の場合は、本来しなければならない確認をしなかった為かなり手痛い自業自得であったと思いますが違う人が担当だった場合、被害者の女性はその担当者を深く恨むでしょう。

最近は人手不足でも経費削減の為に人を積極的に増やそうとしない業界も多い為、かなり高い確率で前日担当者は被害にあった女性ではないかと思われます。

虎の事故の一番の原因はよくある職場のヒューマンエラー!?

今回の虎の事故で柵の確認ができていなかったことについて、正直防ぐ手段はいくらでもあったように私は思えます。

その為事故の一番の原因は想定されるヒューマンエラーへの対策を怠っていた動物園の管理者側にあるのではないかと推測されます。

虎の事故のような人命にかかわる安全面のヒューマンエラーの対策についてお金を渋って簡易チェックで済ませていた動物園は、現代社会の行き過ぎた費用削減がまねいた結果ではないかと考えられます。

タイトルとURLをコピーしました