スポンサーリンク

甲府の放火強盗事件の犯人の名前は?少年が出頭、2人が死亡の事態に

スポンサーリンク

甲府の放火強盗事件の犯人の名前と、少年が出頭し、2人が死亡の事態になったことについて今回は解説します。

甲府で放火強盗事件が発生!?

山梨県甲府市蓬沢で2021年10月12日、放火強盗事件が発生しました。

事件は深夜の3時45分頃に起こり、50代の夫婦2二人とその娘2人が在宅しており、強盗に気づいた娘1人が襲われました。

しかし娘2人は逃げ出すことができ、その後住宅で火災が発生して夫婦2人が亡くなる事態となりました。

その後犯人は出頭し、犯人の少年は逮捕されました。

凶悪な放火強盗犯の知られざる動機とは!?

放火強盗事件で逮捕された少年の犯行理由についての報道はまだ行われていません。

しかし深夜の住宅に侵入して侵入に気づいた娘の頭に凶器を使用してけがを負わせ、さらには火災を起こすほどなので、口封じにはどんなことでも行おうとする残虐性が極めて高い犯人だと思われます。

このことから強盗はお金欲しさだけで行い、特に計画性もなく行き当たりばったりで犯行に及んだのではないのかと推測されます。

スポンサーリンク

気になる放火強盗犯の名前とは!?

甲府の放火強盗事件の犯人の名前は判明していなく、年齢は19歳くらいということがSNSで噂されています。

少年法の関係でこの残虐で凶悪な放火強盗事件を起こした少年の名前は、今後公開されることはないでしょう。

今後SNSで名前が特定される場合もあるかもしれません。

少年法の年齢は下げられるべき!?

今回の甲府の放火強盗事件では火災で夫婦2人が亡くなり、娘が頭を強打されるという悲惨な結末となりました。

今後残された2人の娘は住んでいた家が火災で亡くなり、育ての親も失ったと思うと誠に悔やまれます。

このような残虐な事件を起こした犯人が19歳だから少年法が適用されて刑罰が軽くなると思うと残念でなりません。

今後も少年による残虐な事件が起こると思うと、少年法の年齢はもっと下げられるべきだと私は思います。

タイトルとURLをコピーしました