スポンサーリンク

小林賢太郎も電通案件?佐々木宏が演出担当に起用、その巻き添えに

スポンサーリンク

小林賢太郎も電通案件で、佐々木宏が演出担当に起用してその巻き添えになったことについて今回は解説します。

小林賢太郎が過去の問題ネタで東京五輪演出担当をスピード辞任!?

前回掲載した元ラーメンズの小林賢太郎さんのユダヤ人のお笑いネタで大問題について、小林賢太郎さんのオリンピック開会式・閉会式のショーディレクターの辞任が2021年7月22日に正式に決定しました。

小林賢太郎さんの過去のお笑いネタでユダヤ人のホロコーストを扱った動画が1日で世界中に拡散したこともあり、次の日には辞任に追い込まれたといった衝撃的なスピード辞任となります。

このスピード辞任になった一番の原因は、ユダヤ人人権団体に早期に情報が行き渡ってしまったことと、事態を重く見た菅総理が記者団に小林賢太郎さんについて『言語道断だ』とコメントした背景があります。

小林賢太郎の演出担当起用に電通の佐々木宏の影が!?

小林賢太郎さんがオリンピック開会式・閉会式のショーディレクターの担当に選ばれた背景として、元電通の佐々木宏さんが起用したということが発覚し、SNS上では話題になっています。

また、佐々木宏さんは以前の記事に掲載したいじめ問題で辞任となった小山田圭吾さんの採用にも関わっているとされていて、電通関係者の辞任が目立ち始めることとなりました。

佐々木宏さん自身も東京五輪の演出で渡辺直美の容姿を侮辱する内容の演出を提案していた問題もあり、五輪組織委員会を辞任した背景があります。

スポンサーリンク

小林賢太郎は電通案件の被害者であった!?

小林賢太郎さんのユダヤ人のホロコーストを扱ったお笑い事態に問題はありますが、このような過去のお笑いネタが東京五輪開会式直前で拡散された背景には、電通の派閥争いの被害に巻き込まれたからではないかとSNSでは噂されています。

元電通の佐々木宏さんはクリエイターの天皇とも呼ばれているほどの影響力の強さがあり、佐々木宏さんの派閥をとことん追い詰める為関係者の粗探しで小林賢太郎さんが被害にあってしまったと思われます。

電通案件は近年トラブルが多い!?

今回の東京五輪でも電通絡みの関係者が辞任といった問題を起こしてますが、最近全然見に来ない映画で話題になっている100日後に死ぬワニも電通案件で大炎上したことから、電通案件のトラブルが非常に目立ってきたように私は感じました。 広告業界は未だに電通が実質支配しているような状況の為、自由な競争ができる環境を今一度作り直すことが今後は必要なのかもしれないです。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

change.orgの効果は?小山田圭吾のいじめ問題で署名開始

田辺晋太郎の経歴は?インスタは存命、ツイッターは炎上消滅か

小林賢太郎の経歴とツイッターは?ユダヤ人の問題ネタで大炎上

タイトルとURLをコピーしました