スポンサーリンク

花森弘卓の生い立ちは?動機に絶句、白金高輪駅硫酸事件の犯人が逮捕

スポンサーリンク

花森弘卓の生い立ちと、その動機に絶句であり、白金高輪駅硫酸事件の犯人が逮捕されたことについて今回は解説します。

白金高輪駅の硫酸事件の犯人が逮捕!

以前の記事で取り上げた白金高輪駅の硫酸事件の犯人が逮捕されました。

犯人の花森弘卓容疑者は24日に事件を起こした後は行方不明となっていましたが、2021年8月28日に沖縄で逮捕されました。

花森弘卓の事件後の知られざる行動履歴とは!?

硫酸事件の犯人の花森弘卓容疑者は実家の静岡から8月24日に東京へ向かいます。

東京に着いた後、硫酸事件を白金高輪駅で起こしてそのまま新幹線に乗って静岡駅で降り、静岡の実家に帰宅しました。

帰宅後は自宅で一泊し、翌日正午に家を出で行き先が分からなくなっていました。

そして8月27日に顔写真と名前が公表されて指名手配され、8月28日に沖縄で姿が確認されて逮捕されました。

スポンサーリンク

花森弘卓の衝撃的で悲惨な生い立ちとは!?

花森 弘卓(はなもり ひろたか)容疑者は25歳の会社員になります。

住所は静岡市葵区二番町で、それなりに大きな実家に住んでいます。

花森弘卓容疑者の両親は医療関係の仕事をしていましたが、なんと両親は病気で亡くなっており、大きな実家も1人で住んでいたことになります。

両親は過去10年の間くらいで亡くなったとされていて、近隣住民からも花森弘卓容疑者がいつも1人でいる姿が確認されており、大人しい性格だったということが判明しています。

両親を早くに無くした花森弘卓容疑者には同情せざる負えませんが、そんな彼はなぜ硫酸事件を起こしてしまったのか・・・。

どうやらその謎の手がかかりは、なんと花森弘卓容疑者の学生時代にあります。

花森弘卓の硫酸事件を起こした衝撃的な動機とは!?

花森弘卓容疑者は沖縄の琉球大学理学部出身であったことがSNSでリークされています。

高校時代は静岡に住んでいましたが、沖縄の大学に通い、その後静岡の大学に転入していることも判明しています。

そして硫酸をかけられた被害者の22歳の男性も沖縄の大学をでており、なんと被害者は沖縄時代の後輩であることも分かっています。

このことから動機は沖縄の大学時代で被害者とあったトラブルの可能性が非常に高いと思われ、静岡の大学への転入もそのときのトラブルではないかと推測されます。

もしかしたら花森弘卓の両親が病気で亡くなった背景にも、硫酸事件の被害者の男性がなにか絡んでいるのかもしれなく、それが被害者への恨みになったのかもしれません。

花森弘卓が沖縄を逃亡先に選んだ理由とは!?

花森弘卓容疑者は硫酸事件の逃亡の為に沖縄に逃げたと報道されていますが、花森弘卓容疑者の復讐はまだ終わっていなかったから沖縄に向かったのではないかと私は思います。

沖縄の大学時代のトラブルの関係者で、まずは東京にいると知ったメインターゲットを狙い、それから残りの関係者に復讐をしようとしていたのではないかと思います。

花森弘卓容疑者が復讐をしようと思ったきっかけとしては、一番は両親が亡くなってしまい花森弘卓容疑者には失うものがなにもなくなってしまったことがきっかけとなったのかもしれません。

花森弘卓容疑者は逮捕されましたが、花森弘卓容疑者の沖縄時代のトラブルの内容によってはもっと大きな事件があるように感じる為、まだ事件は終わっていないようにも感じます。

今後は逮捕された花森弘卓容疑者の供述で全てが明らかにされるでしょう。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

白金高輪駅の硫酸事件の犯人の名前と正体は?男女2人が大怪我

タイトルとURLをコピーしました