スポンサーリンク

旭川いじめ、偽装の病名は?教育委員会は学校、警察、病院を介入か

スポンサーリンク

旭川いじめの偽装の病名と、教育委員会は学校、警察、病院を介入かについて今回は解説します。

※最近の事件の状況については下記の以前の記事を参考にしてください。

神風青年会が旭川いじめ事件で抗議演説

旭川の教育委員会はいじめを隠蔽か?その実態がヤバすぎて驚愕

旭川いじめの主犯特定動画の再生数が驚愕の〇万回!どこで見れるか?

中山岳教頭の経歴と現在は?遺族の手記公開で旭川いじめの新事実発覚

旭川いじめ事件、死体検案書に偽りの病名の記載が発覚!?

旭川の女子中学生いじめ事件について、以前の記事でも掲載した通り遺族の手記が公開されてから事件についてさらに大きなスクープが報道されました。

そのスクープとは、亡くなった被害者の女子中学生の死体検案書女子中学生がかかっていなかった精神疾患名が書かれていたという内容です。

精神疾患名に女子中学生がかかっていたかどうかによっていじめがあったかなかったかという調査に影響も出る為、記載の有無はいじめ事件のいじめ認定に大きな影響を及ぼすことになります。

※これまでのいじめ事件の報道については下記記事を参照してください。

旭川いじめ事件で海外から反応

旭川いじめ事件の調査予定期間

旭川いじめ事件の被害者を守る会

死体検案書の誤記の原因は?教育委員会の圧力による隠蔽か!?

死体検案書に亡くなった被害者の女子中学生がかかっていなかった精神疾患名が書かれていた原因について、警察が医師に伝えた病名を医師がそのまま記入したということが関係者への取材で判明しています。

警察は被害者の女子中学生が服用していた薬から病名を推測して医師に伝えていたことも取材で分かっており、もしこのことが事実なら医師は検証を正しくしておらず、警察もいい加減な捜査をしていじめ事件を片付けていたことになります。

一般的に考えて警察と医師が適当に推測して病名を書くことは考えられないため、いじめ事件をただの事故として処理するために教育委員会や権力者から警察と病院に圧力がかかって嘘の病名が書かれたのではないかと推測されます。

※これまでの事件のおおまかな流れは下記記事を参照してください。

旭川いじめ事件と金子圭一校長の経歴

スポンサーリンク

死体検案書に誤って記入された病名とは!?

死体検案書に誤って記入された精神疾患名は、統合失調症ということが判明しています。

統合失調症は考えや気持ちがまとまらなくなってしまい、妄想や幻覚症状が出たり意欲の欠如や自閉症が出る心の病になります。

亡くなった被害者の女子中学生はいじめによって心に強い傷を負っていたことからPTSD(心的外傷後ストレス障害)の為の薬を服用していて、この薬から警察は統合失調症と判断したとされています。

また統合失調症は自ら命を絶った原因にもしやすいので、統合失調症が全ての原因にすれば事件の処理もしやすく他の調査をする手間も省けるので、いじめの隠蔽をする際にはうってつけの病名でもあります。

※旭川の機関の隠蔽体質に関しては下記記事を参照してください。

旭川の中学校の治安と過去の事件

旭川いじめ事件の加害者に上級国民説

旭川いじめ事件は教育委員会、警察、病院、全ての機関が敵か!?

もし死体検案書に誤記の病名が意図的に書かれていた場合、旭川市の公共機関はグルになっていじめ事件を隠蔽する方向で動いていることになります。

このいじめ事件隠蔽の背景にはやはり旭川市の権力者の関係者がいじめ事件の加害者側にいて、加害者の名前が全員公開されないようになんとしてもいじめ事件を隠蔽しようとしているのではないかと考えられます。

その権力者は教育委員会、警察、病院を介入しているくらいの権力の強さなので、旭川市の闇は相当深いものであると感じられます。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

金子圭一校長の経歴は?旭川いじめ事件の責任逃れがやばすぎる!

旭川の中学校の治安は?過去の事件から分かる安全性は〇ランク

旭川いじめ事件の加害者に上級国民説が浮上!事件調査の不振点とは

旭川いじめ事件で海外から反応が!国が介入する事態に発展か

旭川のいじめは解決する気なし?調査予定期間は衝撃の○月!

旭川いじめ、被害者を守る会に加害者が参加?その全容が不気味!

神風青年会、右翼の政治結社とは?旭川いじめで抗議演説が盛に

旭川の教育委員会はいじめを隠蔽か?その実態がヤバすぎて驚愕

旭川いじめの主犯特定動画の再生数が驚愕の〇万回!どこで見れるか?

中山岳教頭の経歴と現在は?遺族の手記公開で旭川いじめの新事実発覚

黒蕨真一教育長の経歴は?旭川教育委員会はいじめ事件を完全放置か

タイトルとURLをコピーしました